本日 2 人 - 昨日 21 人 - 累計 30474 人 サイトマップ

映画『轟音』

2017年02月19日
昨日、ドキュメンタリー映画『轟音』を観てきました。絵文字
またまた市民生協主催の、「平和を語り継ぐー轟音B29墜落記からー」というイベントでした。
私は市民生協の会員ではなく、現在は若干競合する(?)立ち位置におりますが、市民生協さんの平和への取り組みは、継続的かつ地域に根ざしたもので、行くと勇気をもらえます。絵文字

内容は、今から70年前、和歌山県田辺市龍神村にアメリカのB29 が墜落。
乗組員のための慰霊碑を建て、今日まで慰霊祭を欠かさず、平和を祈り続ける村人たちの想いが描かれた映画でした。
映画の中では、B29の墜落を見た人々が当時の死体の様子を生々しく語り、生き残った乗組員が日本の捕虜収容所で毒殺、斬殺されたことなども詳細に伝えていました。

こういう映像を見るとき、「なんで私はこんなにつらい思いをしてまでこの映画をみているんだろう」といつも思います。
見ないように生きることはできるし、楽しいことは他にいくらでもあります。
同年代のママたちは、こういう場にはほとんどいないし。
それでも私が戦争に向き合い、何かをせざるを得ないのは、やはりハンパない危機感からだと思います。

轟音の出演者の古久保さんが来られていて、「今は戦争当時の状況とよく似てきている。」とおっしゃっていました。「がんじがらめでものが言えない、燃えたら死んでも火を消せという消防法があった、あの時代に今は近づいている」と。
その言葉は決して大げさではなく、その通りだと私は思います。
そう遠くない将来、再び日本は戦争へ突入していくのではないかと。

そうならないために、今日できることは何だろう。
誰かを非難するのではなく、じぶんたちの価値観として、平和的な社会をつくるにはどうしたらいいか。
一歩を積み重ねているつもりですが、歩みが小さすぎて、焦ることもしばしばです。
でも今は、思いを同じくする力強い仲間たちが、心の支えです。

あれやこれやと思いをめぐらしながら、やっぱり今は、過去の戦争にも目を向けざるをえないなあ、と思うあまぐりです。


木村草太さん 講演会

2017年02月03日
 今日は朝から、わかやま市民生協主催の、木村草太さん講演会『くらしと憲法』を聴いてきました。昨年木村さんが和歌山に来られた時は、夜の講演会で行くことができなかったので、今回は子どもらのいない午前中に、生・木村草太さんが見れる♪とミーハー気分も混じりつつ参加してきました絵文字

 以前、弁護士の伊藤真さんの講演を聴いて「憲法とは、私たち国民が権力者を縛るもの」という考えを知った時「憲法を守るのが私たちの義務じゃないのか〜」と初めて本来の意味を知りました。今回木村さんは「憲法とは過去の失敗をリスト化して、繰り返さないようにしたもの」と話されていて、それもまたなるほど!と思いました。絵文字
 小学校の廊下には「廊下は走らない!」弁護士会館の廊下には「この場所で依頼人と話し合わない」と張り紙があるように、その団体や集団特有の注意しなければ陥りやすいことがある。憲法とは、その注意しなければならないものをリスト化した張り紙のようなもの、とのことでした。
 「無謀な戦争」を繰り返さないために「軍事力のコントロール」を、「人権侵害」の反省から「基本的人権の保障」を、「独裁」を防ぐためには「権力分立」という張り紙が、憲法には記されている、ということです。
 憲法24条の婚姻、天皇の人権と皇室典範等の話もありましたが、私の心に残ったのは、さまざまな人権について、「人権水準の高い日本に住んでいるから普段は意識することがない。水道のありがたさは止まった時にしか分からないように、失われた時に初めて気づく」という言葉です。また、憲法改正について、司会者が「70年経って改正される条文があるとお考えですか?」という質問に「むしろ70年経ってもまだこの水準かと思う。生存権、教育を受ける権利など、70年前にできた憲法の理想に今なお至っていない」という言葉に共感しました。
 当たり前すぎて気づかない権利や環境が、再び奪われてしまう前に、私たちは「張り紙」の存在に気づき、もっと活用しないと、と思いました。絵文字


 

なるこコミもちつき&野菜の収穫

2017年01月04日
朝から「なるコミもちつき大会」があり家族で参加してきました絵文字
ぺったんぺったん、おもちをクルクル出して、丸めて、あんこを巻いて。
「一人でやる!」と、なんでもやりたがりの娘たち^_^;
少々お邪魔になりながらも、おばちゃんたちの親切な対応に助けられ色々体験させてもらいました。
きな粉、あんこ、薬膳お雑煮、おしるこ。
つきたておもち、美味しかったです絵文字絵文字

お腹が満たされたあとは、今年初の畑へ…
「ミミズがいる!こわい〜」「ジャガイモどこのへんにある?」「雑草はどれだ?」
画像
みんなで手分けして、ジャガイモ、大根、水菜、レタス、青ネギが収穫できました。画像

初めての畑も、もうすぐ一年。
土に触ったことがなく、虫もこわいし、続くかな〜と思いましたが、種を植えたり花の咲く様子に驚いている間に一年が過ぎました。
時には「意外と自分でも育てられるもんだ」と誇らしく思ったり、
時には「うまくいかない〜絵文字。隣りの畑は立派にできているのに」と凹んだり。
とにかく今は、手軽に野菜を買えること、農家さんに感謝です。

そして今年も、畑を続けることにしました絵文字
今度はもうちょっと正確にしたら、もっと良い野菜ができるかな。
新しい野菜たちとの出会いも楽しみです絵文字

トリプルP 終了しました!

2016年12月13日
全5回のトリプルPが、今日終了絵文字
「前向き子育てプログラムって何?あやしい〜」と内心思いながら始めましたが、終わってみると、すっごく良かったです絵文字

私が最近心がけるようにしたのは、
・姉妹ケンカに介入しないこと
・「聞いて〜」と来たら、なるべくすぐにつき合ってあげること。
・こちらからいっぱい抱っこすること。


これだけなのに、子どもたち、特に上の娘がずいぶん穏やかになりました。
抱っこがすごく嬉しいようで、「ああ、もっと抱っこしたり、甘えたかったのね」と気づきました。

以前は、姉妹げんかが頻発、私はとにかくイライラ。「しょうもないことでけんかすんな!」と子どもらを怒鳴ってばかり。お互いすごくストレスを感じて、怒りで体がおかしくなりそうで、どうしたらいいんだろう、と悩んでいました。
でも、方法を学び、回を重ねるうちに、子どもに対する接し方が以前より丁寧になり、それに応じるように子どもたちの表情も穏やかに変わっていきました。絵文字

一緒にグループワークを重ねたお母さんたちも、それぞれに大きな発見と変化があったようで、今日はみんなで成長を確かめあいました。
子育てを見直す機会を与えてくださった子どもの広場のスタッフさんに、感謝です。絵文字

和歌山市では今後もトリプルPを広げたいとのこと。
全ての人に役立つかどうかは分かりませんが、私にはとても良かったので、子育てにイライラしている方、機会がありましたらぜひ受けてみては〜、と思います絵文字

平和と人権の集い 

2016年12月11日
今日は朝から、西和佐小で「2016 平和と人権の集い〜伝えたいこの想い」が行なわれました。
私も、平和と人権とテーマに、子どもたちと一緒にイベントをしたいと思っていて、その開催に向けて何かヒントを得られればと、自転車でピューと行ってきました絵文字
画像
午前中は、映画『さとにきたらええやん』の上映会絵文字。釜ヶ崎で、障がいの有無や国籍の区別なく無料で受け入れている「子どもの里」の職員や子どもたちに密着したドキュメントで、特にホームレスのおじさんと里の子どもたちのやりとりが印象的でした。お昼休みには、おうどんと炊き込みご飯が振る舞われ、寒い身体に温かいうどんのお汁がしみわたりました。
画像
その後、小学校の平和学習の記録や部落差別に関するパネル展、小さな子どもたちの作品を見て回りました。午後からは、公立夜間中学設立に向けてのお話などを聞き、盛りだくさんの内容でした。

「人権」という概念を考えた人って、すごいと思いました絵文字絵文字
朝からは、障がい、国籍、ホームレス、空襲、部落、夜間中学校…
午後には、世話人をつとめる「子どもたちの未来と被ばくを考える会」の会議に出席して、被ばく、原発、低周波被害などについても話をしました。
今日一日は、ホントに色んな問題を考えさせられました。でも「人権」の意味が分かれば、私たち一人ひとりがどうすれば良いかは自ずとわかるというか、どれもつながっているというか。
「人が人として生きる権利の保障」は、世の中にある色んな問題を解決するのに必要で十分な概念なんだと思いました。

今、政治を動かしている人たちの中に、どれだけ「人権」について本当に分かっている人がいるんだろう…と思うと心もとない気持ちになります。人の痛みを分かろうとする、なんとかしなくちゃと思うような「人権感覚」のある人間に私はなりたいと思いますし、ありがたいことに今、そういった人たちに囲まれているので、いっぱい影響受けながら、そのワを広げていきたいです絵文字絵文字

次の5件 >>