本日 2 人 - 昨日 22 人 - 累計 29954 人 サイトマップ

「ぞうれっしゃがやってきた」その他

2012年07月22日
昨日和歌山市民会館で行なわれた「愛と平和のコンサート」に行ってきました。
第一部は,チェロとピアノのコンサート。癒されました(~v~)
第二部は、合唱構成「ぞうれっしゃがやってきた」

「ぞうれっしゃがやってきた」は1986年以降全国的に行なわれていて、和歌山でも20年以上もの歴史があるそう。
3才くらいの子どもから年配の方まで、老若男女総勢100名を超す合唱は圧巻でした!

戦時中、軍の命令で動物園の動物たちが次々と殺されていくなか、園長たちが必死で象たちを守り抜く。戦後、2頭生き延びた象を見たい、と子どもたちの夢をのせた「ぞうれっしゃ」が名古屋へと向かい走る、というストーリー。

戦争中の話ですが、今の日本の現状を見ると、遠い昔の話ではなく、
近い未来の話のように感じます。

基地問題、オスプレイ、原発、政府に都合のいい法律改正諸々、尖閣問題…
今まで私は平和な国で生きている、と思っていたけれど、こんなにいろんな問題が出てくると、戦争に走った頃の日本と何ら変わりのない国に生きているのだと分かってきます。

ただ、信じたいのは、政府や官僚が戦前と変わらない体質だったとしても、私たち一人ひとりが政府にNo!と主張する力をもっているということ。自分の価値観を発信する力をもっているということ。
発信力の一つに、音楽や歌の力があることも気づきました。

私は今の日本のこの状況に時折絶望的になりながらも、
全てのこの最悪な状況は一つにつながっていて、
一人ひとりがアクションを起こせば、きっと状況は良い方向に変わっていく、
という希望を持っています。

今日は、全国的に大きなうねりと成っているデモ、和歌山では、初!
「原発さよなら行進@和歌山1」が行なわれます。
私も家族で参加してこようと思っています。
自分と人のいのちの両方を大事にする多くの人と出会い、
一緒に行動できること楽しみにしています。